32bitハイダイナミックレンジ(HDR)


露出補正±0 オリジナル


32bit HDR処理後

最近は撮影に行っても写真が撮れなかったり、撮りに行かなかったりでネタが無いのでレタッチの話題。 😕

6月19日の写真なのですが、フレームに太陽が入る場合は、デジタルカメラやフィルムのダイナミックレンジ(ラティチュード)には納まりません。明部か暗部、あるいは明部と暗部両方が犠牲になります。
特にデジタルカメラはダイナミックレンジが狭いために、色々苦労します。
ハイダイナミックレンジ(HDR)の手法は前々から知っていたのですが、今まで見たHDRの写真が「いかにも加工しました」って写真が多かったので敬遠してました。
今回ちょうどオートブラケットで-2,-1,±0,+1,+2と5枚写真を撮っていたので初めて試してみました。

HDR処理後の写真なのですが、オリジナルに比べて軟調にならず、暗部のトーンが出ています。あと、意外に自然な感じに出来上がりました。 🙂

Photoshop CS2の「HDRに統合」コマンドを使ってやっています。簡単にできるのですが、パラメーターが一つだけなので、場合によっては使えないかも知れません。
HDRは先入観で思っていたイメージと違い、意外に使える感じがするので、デジタルカメラに厳しい場面とかに試してみたいと思っています。

ABOUTこの記事をかいた人

ドッグフォトグラファー 八木橋 一男 
神奈川・静岡・山梨での犬と泊まれる宿での犬の撮影を経て、飛行犬グループに加入。これまで、約4,000頭の犬を撮影。’14年BS日テレ「わんニャン倶楽部」’15年日テレ「シューイチ」に出演。